SBI証券

SBI証券
SBI証券は開設口座数が280万口座とオンライン証券業界でもダントツの実績を誇っています。取り扱う金融商品が豊富である半面、手数料も比較的低く設定されています。さらに株取引、日経225先物の発注機能が充実していることも特徴としてあげられるでしょう。IPO(新規公開株)の取り扱い数が多いことも個人投資家にとってはメリットとなっています。また銘柄分析や企業情報分析、会社四季報といったデータも無料で使えることから、幅広い支持を得ているといえます。
SBI証券の手数料
SBI証券の大きな特徴のひとつとなっているのが、さきほどもご紹介したように手数料が安く設定されていることです。たとえば取引の約定金額が10万円までなら96円となっています。また約定金額が20万円までの場合だと191円に設定されています。小口の手数料が安く設定されているので、こつこつ株取引を繰り返す個人投資家にはおすすめのオンライン証券会社といえるのではないでしょうか。さらに1注文の約定金額によって手数料が決まる「スタンダードプラン」と、そのほかにも1日の約定代金合計額によって手数料が決まる「アクティブプラン」の2種類が用意されているなど、きめ細かやかなサービスも特徴となっています。また信用取引で会社が指定する所定の条件を満たした場合に手数料が無料となる、個人投資家にとってはうれしいサービスも用意されています。
HYPER SBI
HYPER SBIはSBI証券独自のインターネット用トレーデングツールのことをいいます。投資情報の収集から注文までを一貫して同じアプリケーションで行うことができます。ドラッグ&ドロップで発注ができるなど一分一秒を争う取引にも対応しています。動作環境はマイクロソフトのウィンドウズとなっています。利用料は1ヶ月980円から。ただし口座開設から1ヶ月は無料で利用でき、そのほかにも所定の条件を満たすと無料で利用できるようになっています。